メンズファッションの上達に大切な3つの要素

メンズファッションの基本は意外に簡単で、単純なロジックで格好良いコーディネートをする事ができます。

必要なのは恵まれた体格や容姿でもなく、生まれつきのセンスでもありません。

メンズファッションの上達に大切な3つの要素を把握していけば、上手にコーディネートのできるテクニックが身についていきます。1つ目に、色使いを注意しましょう。

メンズファッションの基本は黒・白・灰のモノトーンです。

試しに、この内の2色を選んでコーディネートしてみましょう。


その上で、1つだけ好きな色のアイテムに取り替えるか付け加えるかします。

モノトーンだけでは堅苦しくなりがちですが、差し色として1色入れる事で遊び心が加わり、ずっとオシャレな印象になるものです。


2つ目に、輪郭を注意しましょう。



初心者が挑戦しやすいのは、全身を細身の輪郭に仕上げる事です。


特に、ボトムスにスキニーパンツやテーパードパンツといった、細身に見えやすいアイテムを使うのが有効です。



ボトムスが細身で綺麗な輪郭になると、上着に何を着てもある程度格好良い印象になります。
上下共に細身の綺麗な輪郭にすると、更に印象はオシャレになるでしょう。3つ目に、簡素を心掛けましょう。

余計な装飾のない簡素なアイテムほど、格好良くて使い回しもしやすいものです。

例えば、シャツであれば細身のシルエットで、無地の白いシャツが使いやすいでしょう。
シャツは腰の位置を誤魔化しやすく、着るだけで脚が長く見えやすいメンズファッションの必須アイテムの1つです。

最近気になった朝日新聞デジタルのサイトの利用が更に広がるものと考えられます。

色使いと輪郭と簡素との3つの要素を押さえて服を選ぶだけでも、ファッションはかなり上達します。

ただし、そのまま着るだけでは無難過ぎて印象の薄い見た目になってしまうものです。
靴下に派手めの色柄を選んで裾を捲る、腕まくりをしてブレスレットを見せる等、少しだけカジュアルな印象を与える事が全体をオシャレな雰囲気にするコツです。